このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

ゼラチンは毎日大活躍!

ゼラチンって何?と聞かれると、多くの方が 「 ゼリーとかババロアとか、料理やお菓子作りの材料 」 とお答えになるのではないでしょうか?ゼラチンの活躍の場は食品だけではないんです。カメラのフィルムや印画紙 ・ 医薬品のカプセル ・ 接着剤など私たちの身の回りでたくさん使用されているんですよ。それでは 「 ゼラチン 」についてその特長と幅広い用途をご紹介しましょう。

ゼラチンはコラーゲンから抽出されます。

動物の体を形づくる繊維状のタンパク質コラーゲンは、そのままでは水に溶けませんが、長時間、水と加熱すると、ある温度で水に溶けるようになります。これが 「 ゼラチン 」 です。タンパク質を沢山含んでいるものであればゼラチンの原料として用いることができますが、安定した生産を保つために、その多くは豚や牛など、家畜の骨や皮から抽出されています。動物から抽出するこれまでの製造法を生かしながら、鮭皮などから抽出するマリンゼラチンなど、新しい分野の開発にも積極的に取り組んでいます。ゼラチンを摂る = コラーゲンを摂取することになります。ゼラチンは美容にも、とってもいいんですよ。

太古の昔から大活躍!ゼラチンの起源。

ゼラチンの起源は、古代エジプトのニカワ(膠)製造であるといわれています。
ニカワとは天然物を原料とする接着剤で、化学接着剤が発明されるまで、様々な分野で幅広く利用されていました。 エジプトのピラミッド(ファラオの墓)から出土する棺、調度品、美術工芸品などを見ても、古代から接着剤として使われていたことがわかります。 ニカワの製造風景を描いた壁画も見つかっており、ニカワが起源から現代まで、人々の文化に深くかかわっていたことが分かります。
1700年頃よりヨーロッパで工業的な生産が開始され、1800年代に入ると食用のゼラチンが生産されるようになりました。写真工業においても、ゼラチン乳剤の印画紙が用いられるようになり、ゼラチンの需要がさらに発展しました。
その後も、食用、医薬品用、写真用、工業用と幅広く活躍の場を広げ、現代も私達の暮らしを豊かにする素材のひとつとして活躍しています。

1800年代に入ると食用ゼラチンが生産されるようになり、写真工業においてもゼラチン乳剤の印画紙が用いられるようになり、ゼラチンの需要がさらに発展しました。そして現在では、シックハウス症候群や化学物質過敏症対策として天然素材であるニカワへの注目がより高まってきています。菓子箱等の接着剤として、建築、楽器等の接着や修理用として、幅広いジャンルにおいて大活躍!私達の暮らしに欠かせない天然素材のひとつとなっています。

ゼラチンの主な用途
知りたい分野をクリックしてください。紹介ページが開きます。