ご存知ですか? コラーゲンと健康の関係

年齢と共に『骨』や『関節』のトラブルが増える理由

25歳以降、体内コラーゲンの生成量は年々減少していきます

年齢を重ねるごとに増えていく、骨や関節のトラブル。近年、様々な研究により、その原因が明らかになってきました。骨・関節・皮膚など、私たちのカラダのあらゆる組織において、大切な役目を担っているコラーゲン。体内コラーゲンが活発に生成される20代前半に比べ、40代、60代、80代と、年齢を重ねるごとに体内でコラーゲンをうみだす力が弱まっていきます。結果、高齢になるほど体内のコラーゲンが不足しがちに。コラーゲン不足は、骨や関節、皮膚のトラブルに大きく影響しています。
『 コラーゲン 』 を補給するメリット

骨折予防。関節痛の改善。血圧改善ほか。

すべては体内のコラーゲンの量に直結しています

HEALTH BONE

コラーゲン × 骨が強くなる理由

コラーゲンが骨の再生を促進するから

年齢を重ねるごとにもろくなっていく骨。日頃から骨密度を保ち、骨折を予防することが大切です。コラーゲンは骨を構成する要素のひとつです。これまでは、骨折予防にはカルシウム、というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、最近では、一定期間コラーゲンを摂取し続けた結果 『 骨密度があがった』 という研究結果も報告されており、コラーゲンが骨の細胞を活性化し、骨の再生を促していると考えられています。体内コラーゲンを増やし、折れにくく、しなやかな骨をつくりましょう。

HEALTH JOINT

コラーゲン × 関節がラクになる理由

コラーゲンがヒアルロン酸の合成を促進するから

関節には、「関節軟骨」があり、骨と骨との摩擦を防ぐクッションの役割をはたしています。この関節軟骨をはじめ、骨・腱・靭帯など、関節を形成する組織は、沢山のコラーゲンを含んでいます。また関節のまわりを囲んでいる「関節液」にはヒアルロン酸やタンパク質が含まれているため、体内コラーゲンが増えることにより、合成が促進され、関節のスムーズな動きをサポートしてくれます。

HEALTH BLOOD PRESSURE

コラーゲン ×血圧上昇を抑える理由

コラーゲンは血管を作る主な主成分だから

『 年齢を重ねるごとに血圧が上昇してきた 』そんなお悩みにもコラーゲンペプチド。コラーゲンは血管をつくる主成分です。コラーゲンペプチドを積極的に摂ることは、しなやかな血管を保つためのサポートにもなります。 最近の研究では、コラーゲンペプチドの中のペプチドが、血圧を上昇させる因子の働き方を抑える可能性も示唆されており、その効果が注目されています。

注目!コラーゲンの補給にはコラーゲンペプチド
健康いきいきフォトコンテスト開催中
公式アカウントをフォローしてフォトコンテストに参加しよう!

詳しくは下記のコンテストバナーをクリック

新 着 情 報

2019/08/09 フォトコンテストの受付を開始しました。|健康いきいきスマイルフォトコンテスト

Copyright (C) 2019 Gmj All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像を含むすべての情報について、無断転載及び流用することはできません。