このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

11月12日はコラーゲンペプチドの日

2009年11月12日に日本ゼラチン・コラーゲン工業組合が 『 第一回コラーゲンペプチドシンポジウム 』 を開催した事を記念して制定されました。

コラーゲンペプチドはとっても吸収されやすい高純度のたんぱく質です。

私たち人間のカラダの多くを占めるコラーゲン。コラーゲンが不足すると「美容」「健康」に深刻な影響があらわれます。そこで注目を集めているのがコラーゲンペプチド。ゼラチンを分解し低分子化した高純度のたんぱく質をコラーゲンペプチドと呼びます。体内に吸収されやすいので効率よく沢山のコラーゲンを摂取することができます。

コラーゲンペプチドはこれまでの研究・開発によって私たちのカラダに様々な作用をもたらす事が分かっており、食品・飲料や化粧品、医薬品など多彩な分野で活用されています。特に近年は美容素材として脚光を浴び、消費者の皆様から幅広い支持を得ています。

日本ゼラチン・コラーゲン工業組合はシンポジウム開催等を通してコラーゲン市場の健全な発展に寄与して参ります。
  • ゼラチンの日って知ってる?
  • ゼリーの日って知ってる?
  • コラーゲンペプチドの日って知ってる?
  • ニカワの日って知ってる?