ブックタイトルコラーゲンペプチド・ファクトブック

ページ
64/134

このページは コラーゲンペプチド・ファクトブック の電子ブックに掲載されている64ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

コラーゲンペプチド・ファクトブック

図4.ヒト末梢血由来の血漿を3倍量のエタノールで除タンパク質処理した画分の逆相HPLCパターン論文25より改作図5.魚鱗ペプチドを摂取したヒト末梢血のペプチド画分(A,B)の逆相HPLCパターン214 nmの吸収をモニター論文18から改作表1異なる原料由来のコラーゲンペプチドを摂取したヒト末梢血中に見いだされたコラーゲンペプチドとシーケンサーシグナルから推定した回収率(%)Ala-HypPro-HypIle-HypLeu-HypPhe-HypAla-Hyp-GlyPro-Hyp-GlySer-Hyp-Gly豚皮?95>13>1???鶏足?92>11>133?鶏軟骨?70>15>1419?豚皮?95>13>1???魚鱗1539210316512魚皮15427277?3?文献15および18から改作図5にSECカラムにより調製したペプチド画分の逆相HPLCの溶離パターンを示す。各画分をEdman分解に基づくペプチドシーケンサーに供したところAla-Hyp, Ala-Hyp-Gly, Ser-Hyp, Pro-Hyp, Pro-Hyp-Gly, Ile-Hyp, Leu-Hyp,Phe-Hyp等が同定された15、18)。出発材料の異なるコラーゲンペプチドを摂取後1時間のヒト血漿中の食事由来コラーゲンペプチドの構造と半定量的な回収-62-