ブックタイトルコラーゲンペプチド・ファクトブック

ページ
59/134

このページは コラーゲンペプチド・ファクトブック の電子ブックに掲載されている59ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

コラーゲンペプチド・ファクトブック

寄稿食事由来コラーゲンペプチドの機能とその作用メカニズム京都大学大学院農学研究科応用生物科学専攻佐藤健司佐藤健司先生・プロフィール京都大学大学院農学研究科応用生物科学専攻教授。専門は食品科学。コラーゲンペプチドの機能性の研究のパイオニアであり、2005年の研究で、経口摂取したコラーゲンペプチドが血中に長くペプチドの状態でとどまっていることを明らかにし、それをきっかけにコラーゲン研究が進んだ。