ブックタイトルコラーゲンペプチド・ファクトブック

ページ
56/134

このページは コラーゲンペプチド・ファクトブック の電子ブックに掲載されている56ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

コラーゲンペプチド・ファクトブック

ペプチドを摂取した時にえられるコラーゲン独自の効果」をとてもうまく説明できるのである。このペプチドが繊維芽細胞に働きかけた結果、コラーゲン合成が促進され、皮膚の状態の改善、骨量の増加、傷の修復促進などの効果が生まれてくるのであろう。このほかにも、血圧を下げる作用を持つ小ペプチド、血小板凝集を抑制する働きをもつ小ペプチド、抗酸化作用をもつペプチドなどが次々と発見されている。コラーゲンは、健康効果を発揮するクリプティックペプチドの宝庫このようにコラーゲン分子には多数の隠されたペプチド(クリプティックペプチド)が存在することが明らかになった。クリプティックペプチドとはタンパク質の中にある状態では生理活性を発揮しないのだが、切り出されるともとのタンパク質とは異なる生理活性作用を持つものを言う。最近では様々なタンパク質で発見されている。たとえばプロオピオメラノコルチン、シトクロムaオキシダーゼ、ヘモグロビンなどが上げられるが、コラーゲンはクリプティックペプチドの宝庫といえるであろう。コラーゲンの中になぜこのようなクリプティックペプチドが存在しているのであろうか?そもそもコラーゲンは体の組織の構成成分である。正常な状態でもコラーゲンは少しずつ分解し代謝回転しているし、炎症がおきたり損傷したりすると分解が速やかにおこる。コラーゲンが分解されるとPro-Hypなどができてくる。これらのペプチドがフィードバック信号となってコラーゲンの合成・組織の再生を促し、炎症を鎮める。つまり組織の恒常性維持や修復のために備わった仕組みではないかと考えられるのである。コラーゲンペプチドを摂取した際に体内に取り込まれた小ペプチドのほとんどは最終的にはアミノ酸に分解される。もちろん初めからアミノ酸として取り込まれた分もある。これらアミノ酸の効果も無視できないと思う。アミノ酸は体内でのコラーゲンの合成の材料になるのだが、コラーゲンを合成するには、他のタンパク合成に比べ、プロリン、グリシンが大量に必要となる。プロリン、グリシンは、必須アミノ酸ではないので体内で合成されると考えられてきたが、最近になって体内合成だけでは必ずしも十分ではないということ-54-