ブックタイトルコラーゲンペプチド・ファクトブック

ページ
44/134

このページは コラーゲンペプチド・ファクトブック の電子ブックに掲載されている44ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

コラーゲンペプチド・ファクトブック

<一般食品分野>□ソーセージの皮(ケーシング)としてコラーゲンは利用されています。□ゼリー、ババロア、マシュマロ、グミなど、ぷるぷるっとした食感が特徴の洋菓子の他、ハム・ソーセージ、日本酒、スープなどにゼラチンは利用されています。□ゼラチンは、口の中に入れると、口腔内の温度で表面が溶け、滑りがよくなるという特徴があり、介護食にも積極的に利用されています。□一般食品へのコラーゲンペプチドの配合も進んでいます。具体的には、納豆や雑炊、ヨーグルト、チョコレートなど多様な食品に利用されています。コラーゲンの認知度向上に伴い、製品の差別化の一環として使われるケースも増えています。-42-