ブックタイトルコラーゲンペプチド・ファクトブック

ページ
43/134

このページは コラーゲンペプチド・ファクトブック の電子ブックに掲載されている43ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

コラーゲンペプチド・ファクトブック

<化粧品分野>□1970年代より化粧品の保湿剤として利用されてきました。□可溶化技術の進歩、コラーゲンの美容効果への注目が高まるにつれ、1990年代より化粧品への配合が加速。抗シワ効果や保湿効果などが期待され、基礎化粧品やメイクアップ化粧品、ヘアケア製品などに採用されています。【主な商品】スキンケアクリーム、ファンデーション、ローション、パックなど<機能性食品分野>□1990年代より飲料へのコラーゲンペプチドの配合が進み、2000年前後を境に市場が拡大。健康志向の高まりやサプリメントブームに加え、体感性の高さが消費者に支持され、市場をけん引しました。□中でも美容分野はコラーゲンペプチドの需要拡大に大きく貢献している。化粧品として塗るだけでなく、体の内側から効かせる内外美容の定着を追い風に、コラーゲンペプチドをメイン素材として、大手食品・化粧品メーカーから中小メーカーがサプリメントや美容ドリンクを発売しています。□美容に続く機能性分野として期待されているのは「骨・関節」分野。副素材としての活用が中心ですが、ひざ関節痛を訴求テーマにサプリメントへの配合が進んでいます。【主な商品】サプリメント、美容ドリンク-41-