ブックタイトルコラーゲンペプチド・ファクトブック

ページ
30/134

このページは コラーゲンペプチド・ファクトブック の電子ブックに掲載されている30ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

コラーゲンペプチド・ファクトブック

コラーゲンと人類の関わり人類の歴史と密接に関わるコラーゲン□動物の体内に最も多く存在するたんぱく質であるコラーゲンは、古くから膠や皮革として利用されてきました。にかわは接着剤として人類の歴史に密接に関わっており、バイオリン等の弦楽器の接着剤などとして広く用いられました。現在でも、伝統工芸品や美術品の修復に利用されています。□19世紀に入ると、1871年に溶かしたゼラチン溶液に硝酸銀を加えて作る写真乳剤が開発され、感光剤として用いられるようになり、写真産業の隆盛に伴って、ゼラチンの利用も飛躍的に拡大しました。ゼラチンは、銀塩写真フィルムの素材として、現在でも広く利用されています。古代19世紀1960年代1970年代にかわ(接着剤)工業用ゼラチン楽器、マッチ、レコードジャケットマイクロカプセル感圧紙食用・医薬用ゼラチンコラーゲンケーシング★コラーゲンペプチド誕生-28-