ブックタイトルコラーゲンペプチド・ファクトブック

ページ
28/134

このページは コラーゲンペプチド・ファクトブック の電子ブックに掲載されている28ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

コラーゲンペプチド・ファクトブック

コラーゲンペプチドそこが知りたい! Q&AQ &AQ子どもやペットに与えるときはどうしたらいい?A体重10㎏に対して約1gが目安です。成長期のお子様やペットへの1日の目安量は、10kgに対して約1g程度です。コラーゲンは純粋なたんぱく質ですので基本的には問題はありません。成長期のお子様はたんぱく質の必要量が多いため、コラーゲンの摂取をおすすめします。ただし、食品アレルギーの予防のため、乳幼児期のお子様に与えるのはご遠慮ください。Q化粧品に含まれるコラーゲンには、どんな効果が期待できますか?A優れた保湿効果に加え、コラーゲンの産生を助ける働きが期待できます。分子量の大きなコラーゲンは被膜を作り、肌の水分量を保つ保湿成分として優れた機能を持っています。一方、分子量の小さいコラーゲンペプチドは一部真皮層へ浸透し、シグナルとして機能し、コラーゲンの産生を助けている可能性が考えられます。-26-