ブックタイトルコラーゲンペプチド・ファクトブック

ページ
110/134

このページは コラーゲンペプチド・ファクトブック の電子ブックに掲載されている110ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

コラーゲンペプチド・ファクトブック

研究Vol.142枚爪(Brittle Nail)に対するゼラチン治療の効果に関する研究成果ポ・イ・ン・ト・解・説これまでの著者らの2枚爪に対するゼラチンの治療効果において、「ゼラチン摂取の効果の持続時間は限定的である」こと、「爪の臨床状態はゼラチン摂取に応じた変化をする」こと、「ゼラチンの治療効果のメカニズム」等が明らかになってきています。この研究では、42人の2枚爪の外来患者に毎日、7グラムのゼラチンを3か月間摂取したところ、35人の爪に2枚爪の回復効果が見られた。更に、乾癬が見られた12の症例において5例でゼラチンによる改善効果が見られました。研究者:ROSENBERG S, OSTER KA, KALLOS A, BURROUGHS W.論文タイトル:Further studies in the use of gelatin in the treatment of brittlenails.論文掲載:AMA Arch Derm. 1957 Sep;76(3):330-5.論文概要ゼラチンは、コラーゲンに熱を加え抽出したものである。これまでの著者らの2枚爪に対するゼラチンの治療効果において、「ゼラチン摂取の効果の持続時間は限定的である」こと、「爪の臨床状態はゼラチン摂取に応じた変化をする」こと、「ゼラチンの治療効果のメカニズム」等が明らかになってきている。今回、2枚爪で外来を訪れた患者に対して7グラムのゼラチンを毎日3ヶ月摂取してもらい、その回復効果を検討した。のべ50人の症例から得られた82症例が得られた。42人の2枚爪の患者において35人に2枚爪の回復効果が見られた。その他の爪の疾患においては、乾癬が見られた12の症例において、5例ではゼラチンによる改善効果が見られた。爪真菌症などその他の爪の疾患においては、ゼラチンの効果は見られなかった。2枚爪患者において、ゼラチン摂取をやめると、2 - 3ヶ月後に2枚爪は再発した。-108-