ブックタイトルコラーゲンペプチド・ファクトブック

ページ
102/134

このページは コラーゲンペプチド・ファクトブック の電子ブックに掲載されている102ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

コラーゲンペプチド・ファクトブック

研究Vol.10コラーゲン・トリペプチド(HACP)の骨・腱に対する効果ポ・イ・ン・ト・解・説コラーゲン・トリペプチド(HACP)とは、3つのアミノ酸から成るコラーゲン分子の最小ユニットです。このコラーゲン・トリペプチドを骨折させたモデルラットおよびアキレス腱を切断したモデルラットに与え、治癒の進行を観察しました。その結果、コラーゲン・トリペプチドは、他の単体のアミノ酸成分(プロリン)よりも速やかに腸管で吸収され、骨折、アキレス腱の切断、いずれのケースにおいても治癒を促進していることが認められました。研究者:ゼライス・中央研究所大和留美子、酒井康夫論文掲載:FFI JOURNAL, Vol. 210, No. 9, 854-858 (2005)論文概要Collagen Tripeptide (HACP) is a new type of collagen hydrolysate, mainlycontaining tripeptides (Gly-X-Y), developed by Jellice Co., Ltd.? It was hereaffirmed by autoradiography (ARG) that included 3H-labeled tripeptides arerapidly absorbed across the intestine in rats, and taken up by bone andconnective tissue elements, such as in the skin and Achilles tendons,selectively and efficiently. On daily oral administration of HACP to fracturemodel rats, both soft X-ray findings and measurement of bone strengthshowed HACP to have favorable effects on the healing of bone tissue. In thesame way, results of a study using an Achilles tendon amputation model inrats, showed HACP involvement in early healing processes.-100-