ブックタイトルコラーゲンペプチド・ファクトブック

ページ
101/134

このページは コラーゲンペプチド・ファクトブック の電子ブックに掲載されている101ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

コラーゲンペプチド・ファクトブック

図1. 3 H-Gly-Pro-Hypの腸管吸収性単回経口投与(0.35mmol/kg)後のラット血漿中放射能濃度の経時変化【図1の説明】[方法]コラーゲン・トリペプチド「HACP」に含まれるトリペプチドの主要成分のひとつである“Gly-Pro-Hyp”をトリチウム「3H」標識し、ラットに経口投与し、腸管吸収性を検討した。[結果]対照として用いたアミノ酸(プロリン)のトリチウム標識体以上に速やかに吸収され血中に移行することが確認された。【図2の説明】[方法]軟X線写真による評価はカルスの形成・石灰化・結合状態、および皮質骨の治癒亢進・活性・石灰化・図2.軟X線写真結合・骨折線の状態を肉眼的に判定し(骨折から12週間後のラット左大腿骨)た。[結果]対照群ではカルスが大きく、皮質骨の骨折線もくっきりと観察され、治癒の初期過程であることが示された。それに対して、HACP投与群ではカルスの石灰化が進んでおり、連続性も増加が観察された。さらに、皮質骨の連続性が増し、骨折線が消失する傾向が認められ、HACP摂取による図3.三点曲げ試験による骨強度測定結果骨折治癒の亢進が示唆された。【図3の説明】[方法]三点曲げ強度試験は、マルトー製MZ-500Dを用いて骨強度パラメータ:破断変異(Breaking deformation),破断荷重(Breaking load),硬さ(Stiffness)を測定し、骨折側と非骨折側の測定値の比、すなわち“左大腿骨の測定値/右大腿骨の測定値”から骨折治癒の程度を評価した。[結果]対照群は破断変位が大きく、骨折箇所の結合/石灰化が不十分であることが示されたが、HACP投与群は投与用量に応じて正常値(ratio=1.0)に近づいており、骨折治癒の亢進が示された。破断荷重、硬さについても、HACP投与群の方がより正常値に近づいていることが示された。-99-